Page 221 of 248

三鷹の森 ジブリ美術館特別カタログ【冬号】

三鷹の森ジブリ美術館特別カタログ【冬号】本日、2月12日よりローソン店頭で「三鷹の森ジブリ美術館特別カタログ【冬号】」が配布開始されています。

中身は「美術館で見つけよう」と題して、美術館内部の、さり気ない装飾や置物が紹介されています。

つづきを読む

トトロの森 ボランティア募集

トトロの森自然保護団体の、「トトロのふるさと基金」がボランティアスタッフを募集中です。

現在募集されているのは、森の維持管理作業をおこなうボランティア「トトロの森で何かし隊」。
登録説明会は、4月27日に開催されます。

つづきを読む

宮崎駿の『パンダコパンダ』のランチグッズが新発売

パンダコパンダ ランチグッズ宮崎駿監督の『パンダコパンダ』の公開40周年を記念した新商品「パンダコパンダ・ランチシリーズ」が発売されました。

原作・脚本は宮崎駿、演出は高畑勲で制作した『パンダコパンダ』は、1972年に上野動物園へ中国からパンダが贈られたことをきっかけに企画されたアニメ映画で、後の『となりのトトロ』の原型とも評される。パンダブームにのって翌年には続編『パンダコパンダ 雨ふりサーカスの巻』も公開された。

つづきを読む

サラ・ブライトマンが歌う「風のとおり道」

サラ・ブライトマン最新アルバム『ドリームチェイサー(夢追人)』がリリースされたばかりのソプラノ歌手、サラ・ブライトマン。このアルバムのボーナス・トラックに収録された『となりのトトロ』の「風のとおり道」のヴォーカル・カヴァーが話題を集めています。

映画中ではインストゥルメンタルだった「風のとおり道」。ジブリ・ファンの間ではかなり人気の高い楽曲で、今までも多くのアーティストがヴォーカル・カヴァーを披露していますが、海外の世界的クラシック歌手が歌った正式な作品は今回が初めてのこと。

つづきを読む

押井守の「世界の半分を怒らせる生放送」アフタートーク

押井守の「世界の半分を怒らせる」。以前、ニコニコ生放送で『押井守ブロマガ開始記念! 世界の半分を怒らせる生放送/押井守×鈴木敏夫×川上量生』という番組が、放送されたのですが、その放送終了後に行なわれた有料会員限定の、アフタートークの全文が公開されました。
その中で、少しだけ鈴木敏夫プロデューサーと宮崎駿監督について話しています。
その部分を引用させていただきます。

つづきを読む

ジブリ新作『かぐや姫の物語』公開延期

高畑勲監督『かぐや姫の物語』高畑勲監督の新作アニメ『かぐや姫の物語』の製作が間に合わないため、公開を延期することが発表されました。
既に、声優の収録は済ませてあるものの、絵コンテが出来上がっていないとのこと。

ジブリファンの間では、高畑勲監督の製作が遅れることは有名なこと。公開延期は予想通り!?

つづきを読む

ジブリの雪像まとめ

ジブリの雪像先日、秋田の市街地に作られたトトロのかまくらが話題になっていましたけれど、その他にも数々のジブリキャラを雪で作っている方がいます。

そこで、ジブリキャラの雪像をまとめてみました。

つづきを読む

『おおかみこどもの雨と雪』上映と細田守監督講演会

毎年恒例、三鷹の森ジブリ美術館が厳選したアニメーションを上映する「三鷹の森アニメフェスタ2013 ~アニメーション古今東西 その10~」が開催されます。
第一部ではフレデリック・バックの『トゥ・リアン』や、手塚治虫の『ジャンピング』などが上映され、第二部では『おおかみこどもの雨と雪』の上映と、細田守監督による講演会が行なわれます。

つづきを読む

イラスト展「スケッチトラベル」3月7日より京都国際マンガミュージアムで開催

スケッチトラベル宮崎駿や松本大洋などが参加した、旅するスケッチブックと話題になった「スケッチトラベル」のイラスト展が開催されます。
会期中に、寺田克也、上杉忠弘、堤大介によるトークショーや、ワークショップが行なわれるようです。

つづきを読む

ジブリキャラの雪像

雪像のトトロ例年の3倍の積雪に見舞われたという秋田市内でジブリファンの方が除雪ついでに、ジブリキャラの雪像を作られたようです。

完成度の高さに、地元ではちょっとした話題になっているようです。

つづきを読む



 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑