Page 217 of 248

「東京暇人~TOKYO hi-IMAGINE~」宮崎駿、庵野秀明、松任谷由実インタビュー

「東京暇人~TOKYO hi-IMAGINE~」にて、宮崎駿、庵野秀明、松任谷由実の『風立ちぬ』完成報告会見の模様が放送されるようです。

ジブリ最新作「風立ちぬ」公開直前SP!奇跡の対談!宮崎駿&松任谷由実&庵野秀明「風立ちぬ」の世界を語る!

放送:2013年7月12日(金)27:03~27:48

つづきを読む

平成狸合戦ぽんぽこ【7月12日放送】

本日、21時から日本テレビ系列にて『平成狸合戦ぽんぽこ』が放映されます。HD放送で初登場です。

なお、ニコニコ生放送では、20時30分から、『平成狸合戦ぽんぽこ』をみんなで一緒に見る映画実況が放送されます。
司会は、ジブリ芸人こと、いずみ包氏が担当。

つづきを読む

『風立ちぬ』試写会で鑑賞

本日、試写会で『風立ちぬ』を観てきました。
上映前には、「ジブリ汗まみれ」の公開収録も行なわれて、鈴木敏夫さんの話も聞くことができて、とてもラッキィです。
原作の漫画版『風立ちぬ』を描くに至ったエピソードだとか、宮崎駿が男性キャラを描くときの傾向なんかも話していました。それから、高畑勲監督の話も少しだけ。

今回の『風立ちぬ』を、小さな子どもはどう受け取るのか、鈴木さんは気にしていました。
本日の収録は、8月11日に放送されるとのこと。

つづきを読む

「アニメージュ」8月号と「文藝春秋」8月号

『風立ちぬ』特集の「アニメージュ」8月号と、宮崎駿と半藤一利の対談が掲載された「文藝春秋」8月号を買ってきました。
「アニメージュ」のほうは、ヒロインの菜穂子の声優をした滝本美織さんと、作画監督をした高坂希太郎さんのインタビューに加えて、完成報告会見のレポートの全文が掲載されています。

 
「文藝春秋」の対談は、宮崎駿監督が『風立ちぬ』を作成の経緯を掘り下げて語られています。また、戦時中の話を中心とした堀越二郎氏の逸話などなど、とても内容が濃くて、読み応えがあります。
それから、映画とはまったく関係のない、夏目漱石の話で大盛り上がりしていて面白いです。

つづきを読む

【ジブリ特集】アニメージュ×文藝春秋×熱風×笑ってコラえて!

7月10日は、ジブリ尽くしの日となります。
まず、『風立ちぬ』の特集が組まれた「アニメージュ」8月号と、宮崎駿監督と半藤一利氏の対談が掲載された「文藝春秋」8月号が発売されます。
7月10日配付の「熱風」では、「憲法改正」を特集して、宮崎駿、鈴木敏夫、中川李枝子、高畑勲のコメントが掲載されるようです。

夜7時からは、ジブリ特集の「笑ってコラえて!」3時間スペシャルが放送されます。
新作『風立ちぬ』を読み解くためにも、ジブリファンはすべて要チェックですね!

つづきを読む

『風立ちぬ』のポストカードプレゼントキャンペーン

『風立ちぬ』の公開を記念して、スタジオジブリ関連Blu-rayとDVDを対象とした、『風立ちぬ』のポストカードプレゼントキャンペーンが始まります。

キャンペーンの開始は7月17日からで、カードが無くなり次第終了とのこと。
対象作品は「ジブリがいっぱいCOLLECTION」、「ジブリがいっぱいCOLLECTIONスペシャル」、「三鷹の森ジブリ美術館ライブラリー」、「ジブリ学術ライブラリー」、「ジブリCINEMAライブラリー」の各作品。

つづきを読む

耳をすませば【7月5日放送】

本日、21時から日本テレビ系列にて『耳をすませば』が放映されます。
劇場公開時のフィルムの風合いを再現した、ニューマスター版で初登場です。
なお、ニコニコ生放送では、7月5日(金)20時30分から、『耳をすませば』をみんなで一緒に見る映画実況が放送されます。
司会は、ジブリ芸人こと、いずみ包氏が担当。
また、月島雫を演じた本名陽子氏が生出演するようです。

つづきを読む

「日経エンタテインメント!」8月号に『風立ちぬ』特集記事

本日発売の「日経エンタテインメント!」8月号に、『風立ちぬ』の特集記事が掲載されています。
これまでの、ジブリ作品の紹介から、鈴木敏夫プロデューサーやヒロイン役の滝本美織さんのインタビュー記事などが紹介されています。

つづきを読む

スタジオジブリが声優を使わない理由

『ジブリの教科書3 となりのトトロ』で、声優について語った内容を「エキレビ!」が紹介しています。
そのなかで、宮崎監督が庵野氏や糸井重里氏を声優に起用した理由を紹介したうえで、プロの声優について「『わたし、かわいいでしょ』みたいな声を出すでしょ。あれがたまらんのですよ」という監督のコメントを掲載し、物議をかもしているようです。

つづきを読む

押井守が見た『風立ちぬ』

押井守監督の『風立ちぬ』評が、ニコ生の押井守メールマガジンにて公開されました。
毎回ジブリに対して辛口の評価といいますか、悪口といいますか、旧知の友に辛辣な批評を繰り返している押井氏ですが、今回の『風立ちぬ』に関しては、どこかシンパシーを感じているようです。

 
文章に、映画の内容が若干含まれているようなので、未見の方は読まないほうが良いかもしれません。

つづきを読む



 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑