Page 211 of 244

『風立ちぬ』実在した登場人物たち

今回の『風立ちぬ』は、実在の人物をモデルにしているということで、映画に登場したキャラクターと実際の人たちを並べてみました。
当然、キャラと似ているわけでもないんですけども、実在したというだけで、どこかその人たちに感情移入してしまったりしませんか?
ちなみに、堀越二郎の上司の黒川と、カストルプは架空の人物なのでいません。

つづきを読む

宮崎駿監督、韓国メディアにコメント

風立ちぬ宮崎駿監督が、韓国メディアを対象にした記者会見を開き、日本で公開中の新作映画『風立ちぬ』について語りました。
9月から、韓国で『風立ちぬ』が公開されることに合わせて開催されたもので、現地の配給会社が主催。
韓国からの各メディアが60名ほど参加したそうです。

つづきを読む

『風立ちぬ』公開後の情報まとめ

『風立ちぬ』が公開されて、もうすぐ一週間。メディアによって、公開後の情報がいろいろ出てきたので、1ページにまとめました。

『風立ちぬ』情報を追いかけていきましょう。

つづきを読む

三週連続ジブリ祭りの視聴率

映画『風立ちぬ』の公開に先がけて、「金曜ロードSHOW!」で放送された、三週連続ジブリ祭りの視聴率が明らかになりました。
7月5日放送の『耳をすませば』は13.3%。7月12日放送の『狸合戦ぽんぽこ』が13.2%と、0.1%の差で追随。三週目、7月19日放送の『猫の恩返し』が15.3%でトップとなりました。

つづきを読む

『風立ちぬ』のヒットを支える『ひこうき雲』

『風立ちぬ』好調スタートの要因は、ユーミンの『ひこうき雲』の力が後押し、との分析がされています。
たしかに、『ひこうき雲』がまるまる流れる予告編の力は大きいと思います。

「ひこうき雲」も楽曲配信で1位を獲得、ポップスの女王・ユーミンとアニメの最強ブランド・ジブリの強力タッグが、圧巻の強さを見せている。

つづきを読む

『かぐや姫の物語』の主題歌『いのちの記憶』発売

高畑勲監督『かぐや姫の物語』7月24日より劇場にて、『かぐや姫の物語』の主題歌入り予告編の上映が始まりました。
それに合わせて、二階堂和美さんが歌う主題歌、『いのちの記憶』のシングルCDが発売されます。

天真爛漫、神秘的、叙情的、狂気を併せ持つ二階堂和美が独自の目線で描く、かぐや姫の世界を、是非お聞きください。

つづきを読む

『風立ちぬ』観客の比率

堂々のスタートを切った『風立ちぬ』ですが、土日の2日間の動員数は74万7,451人、興収9億6,088万5,850円を記録しています。
『崖の上のポニョ』(2008年7月19日公開、最終興収155億円)との興収比が93.7%、『借りぐらしのアリエッティ』(2010年7月17日公開、最終興収92.5億円)との興収比は107.3%の成績となり、最終興収100億円超えが期待されています。

つづきを読む

『風立ちぬ』の原画展を見る

東京・池袋で開催されている、『風立ちぬ』原画展を見てきました。
同展は、ジブリ作品の美術画集「THE ART」シリーズと共同で制作されたもの。
本に収録されたものから、厳選された美術資料や宮崎駿監督が描いたイメージボード、キャラクター設定資料などが展示されています。

つづきを読む

宮崎駿監督が『プロフェッショナル 仕事の流儀』に登場!

ついに、きました。8月26日放送のNHKドキュメンタリィ番組『プロフェッショナル 仕事の流儀』に宮崎駿監督が登場します。
宮崎監督は3度目の出演。3年間にわたる密着取材で、『風立ちぬ』製作の過程が明かされます。
来年には、『風立ちぬ』はこうして生まれた。が発売されそうですね。

つづきを読む

『風立ちぬ』原画展とスタンプラリー

映画『風立ちぬ』の公開に合わせて、『風立ちぬ』の原画展が全国で開催されます。第一弾は、池袋から。既に始まっています。来場者に各日先着500名まで、「九試単戦 紙飛行機」がもらえます。

ジブリ作品の美術画集『ジ・アート』シリーズと共同で制作されたもので、『風立ちぬ』の美術資料が厳選して展示されています。
制作初期段階に宮崎駿監督によって描かれたイメージボードをはじめ、キャラクター設定や背景画、美術監督による美術ボードなど見ごたえある原画100点以上をそろえ、そのほか資料も交えて、「風立ちぬ」の映像が作られた過程に迫ります。

つづきを読む



 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑