Page 2 of 301

Closet by どんぐり共和国 限定商品!『魔女の宅急便』アンブレラボトルが発売

Closet限定 魔女の宅急便 アンブレラボトルスタジオジブリ作品グッズ専門店「どんぐり共和国」から誕生した新ブランド「Closet」の新商品、「Closet限定 魔女の宅急便 アンブレラボトル」2種を、Closet ラゾーナ川崎プラザ店や、Closetコーナー限定で発売開始しています。
今年3月にラゾーナ川崎にClosetブラント初の常設店をオープンし、大人女子向けのジブリグッズが展開されています。

つづきを読む

札幌映画サークル55周年記念!高畑勲・宮崎駿が携わった『太陽の王子ホルスの大冒険』など4作品が上映

「こども映画館 〜スクリーンでみる日本アニメーション!〜」札幌映画サークル55周年記念として、「こども映画館 〜スクリーンでみる日本アニメーション!〜」と題し、高畑勲・宮崎駿の両監督が携わった、『太陽の王子 ホルスの大冒険』『長靴をはいた猫』『パンダコパンダ』『パンダコパンダ 雨ふりサーカス』の4作品が、11月25日に札幌プラザ2・5で上映されます。

つづきを読む

オシャレで使いやすい「スタジオジブリ×OUTDOOR」コラボバッグが発売!

OUTDOOR PRODUCTS × スタジオジブリジブリと大人気ブランド「OUTDOOR PRODUCTS」とのコラボレーション商品!!
天空の城ラピュタと千と千尋の神隠しからは、定番のデイパック、何かと便利なサコッシュ、使える便利なポーチ3種が登場!!
魔女の宅急便ととなりのトトロからは、定番のデイパックが小さくなって登場です!!

つづきを読む

札幌映画サークル55周年記念上映『セロ弾きのゴーシュ』『赤毛のアン』が上映

札幌映画サークル55周年記念上映「高畑勲監督、ありがとう。」札幌映画サークル55周年記念して、「高畑勲監督、ありがとう。」と題して、高畑勲監督作品の『セロ弾きのゴーシュ』と『赤毛のアン グリーンゲーブルへの道』が上映されます。
また、上映と併せまして、チェリストの土田英順によるコンサートと、アニメーション研究家のなみきたかしさんによるトークも行われます。

つづきを読む

『となりのトトロ』グッズから、子ども用防寒アイテム「ぽんぽんクロスケシリーズ」が発売!

「となりのトトロ ぽんぽんクロスケシリーズ」『となりのトトロ』グッズから、マックロクロスケのぽんぽんがついた子ども用の防寒アイテムシリーズ「となりのトトロ ぽんぽんクロスケシリーズ」から3種が販売開始されました。
全国のどんぐり共和国と、オンラインショップそらのうえ店にて、現在発売中です。

つづきを読む

『パンダコパンダ』とサンキューマートのコラボグッズが販売開始

「パンダコパンダ」サンキューマート原案・脚本を宮崎駿、演出を高畑勲が務めたアニメ『パンダコパンダ』と、原宿系プチプライス雑貨ショップのサンキューマートのコラボグッズが販売開始されました。
台形ポーチや、iPhoneケース、トートバッグ、ポシェットとオリジナル商品4種が展開されています。

つづきを読む

Closet by どんぐり共和国限定で『魔女の宅急便』ジジのソフビ人形が発売!

Closet限定 魔女の宅急便 ソフビマスコット おすましジジ『魔女の宅急便』グッズから、手のりサイズの黒猫のジジのソフビ人形「Closet限定 魔女の宅急便 ソフビマスコット おすましジジ」が、Closet ラゾーナ川崎プラザ店など、どんぐり共和国のClosetコーナー限定で発売します。
「Closet」は、スタジオジブリ作品のヒロイン達に焦点をあて、商品を通じて「私が私になれる場所」をコンセプトに、どんぐり共和国から生まれた新ブランドです。

つづきを読む

映画『寝ても覚めても』を鈴木敏夫が絶賛。「熱風」で濱口監督との対談掲載

寝ても覚めても『寝ても覚めても』の濱口竜介監督の特集が、スタジオジブリが刊行するフリーペーパー、熱風11月号に掲載されます。
特集のタイトルは「『寝ても覚めても』に至るまで、映画をつくり、考え、語り合ったこと」。26ページにわたる濱口監督のロングインタビューが掲載されれます。

つづきを読む

ジブリの名作アナログ盤レコードが復刻発売!

アナルグレコード ジブリスタジオジブリの復刻版レコードが、11月3日の“レコードの日”から『風の谷のナウシカ』『天空の城ラピュタ』『となりのトトロ』のアナログレコードを販売開始しました。
音源は、今回のアナログ復刻の為にリマスタリングしており、パッケージは発売当時を完全に再現しています。

つづきを読む

『紅の豚』が女性スタッフがメインで作られた理由

紅の豚『紅の豚』はジブリ作品としては珍しく、女性が主力スタッフとなって作られた作品です。
作画監督や美術監督といったセクションごとの責任者に、『紅の豚』では女性が置かれました。
これまでのジブリ作品ではなかったことで、初の試みとなります。

つづきを読む



 

© 2018 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑