『時をかける少女』10周年記念リバイバル上映情報細田守監督『時をかける少女』の劇場公開10周年記念として企画された、映画の舞台の一つとなった東京国立博物館にて実施された「博物館で野外シネマ」は、7月16日の上映で6500人を超える動員を達成し、長編映画の野外上映として動員数日本最大級の記録を作りました。



今回の記録は、2014年に同じ場所で『時をかける少女』を上映した際の記録を塗り替えたことになります。

野外シネマでの上映後には、『時をかける少女』の主題歌を担当した奥華子さんが登場。主題歌「ガーネット」と挿入歌「変わらないもの」を披露し、訪れた多くの観客を魅了しました。

なお、野外シネマは、7月15日にも予定されておりましたが、天候不良のため館内での上映に変更していました。


ジブリ情報配信中



関連記事