『時をかける少女』10周年記念リバイバル上映情報東京・上野の東京国立博物館で、細田守監督の『時をかける少女』の野外上映イベントが行われ、途中機材トラブルに見舞われつつもスタッフの機転などで乗り越え、博物館前が1000人以上の人で埋まるほどの大盛況を博しました。
同作の劇場公開から10周年のアニバーサリー企画として、15日より二日間、映画の舞台である東京国立博物館で上映会イベントが実施されることに。



だが15日はあいにくの雨により急きょ野外から屋内に会場を変更。最終日の16日は天候にも恵まれ、ようやく野外でイベントを開催することが可能に。しかし、野外という環境もあり上映中、2度ほどスクリーンに画像が映らないという機材トラブルが発生。特に観客からすすり泣くような声が聞こえ始めたクライマックスシーンで上映が中断された際には、客席側から大きなため息が。だがスタッフの「大変良い場面だったのですが……」と観客の気持ちをくんだアナウンスにより、会場は笑いとともに再び和やかな雰囲気に包まれ、上映が再開された際には自然と場内から大きな拍手が沸き起こりました。

『時をかける少女 10th Anniversary BOX』期間限定生産版
発売日:2016年11月25日(金)
価格:15,984円(税込)

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事