未来のミライ本日、細田守監督最新作の製作発表会見があり、タイトルが『未来のミライ』であることがわかりました。
細田監督が原作と脚本も担当しており、4歳の男の子“くんちゃん”と、未来からやってきた妹“ミライちゃん”という不思議な「きょうだい」の物語が描かれることが明かされています。



細田監督は、今回の発表に際し、以下のコメントを寄せています。

家一軒と庭ひとつ。
どこにでもある
たったひとつの家族を通して、
生命の大きな循環、
人の生が織り成す巨大なループを描き出したい。
最小のモチーフを用いて、
最大のテーマを語り切りたい。
エンターテインメントの作法を用いて、
新しい家族のための、新しい表現を拓きたい。
一見穏やかに見えて、
実は、大いなる野心を秘めた作品なのです。

スタジオ地図の『未来のミライ』は、2018年7月20日より全国の劇場で公開されます。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事