京都アニメーション京都府にある、アニメーション制作会社「京都アニメーション」のスタジオで、7月18日午前10時すぎに火災が発生しました。
「男がガソリンのような液体をまいた」との報道で、放火によるものとみられます。男の身柄はすでに確保されたとのことです。



「京都アニメーション」は、『涼宮ハルヒの憂鬱』『聲の形』などの人気アニメを次々と発表しており、熱心なファンも多く「京アニ」の愛称で親しまれていました。

京都アニメーションによると、燃えたのはアニメ制作の現場の第1スタジオで、同社は来年公開予定の「劇場版 ヴァイオレット・エヴァーガーデン」などを制作していることから、今回の火災を受け、制作への影響も懸念されています。

また「京アニ」は、スタジオジブリ作品の『魔女の宅急便』や『おもひでぽろぽろ』、『紅の豚』などの作品の制作にも参加した経験があり、その評判から仕事の依頼が絶えず、発注元の制作会社では京都アニメーションに仕事を依頼するためにスケジュール調整を行うことがあるほどの人気スタジオでした。


ジブリ情報配信中



関連記事