この世界の片隅に片渕須直監督の『この世界の片隅に』が11月12日の公開から9日間で、観客動員が11万人を突破したことがわかりました。興行収入は1億6000万円を突破し、小規模公開の作品としては大きなヒットを記録しています。
19、20日の映画動員ランキングによると、同作の週末の興行収入は約5679万9000円、動員は約4万人で、10位にランクイン。動員は前週比124%となっています。



同作で監督を務めた片淵須直さんは、スタジオジブリの『魔女の宅急便』では演出補として参加。『アリーテ姫』や『マイマイ新子と千年の魔法』では監督を務め高い評価を得ました。

この度、こうの史代さんの漫画が原作となる『この世界の片隅に』をアニメーション映画化するため、クラウドファンディングで支援を経て作られました。劇場版は、主人公のすず役に、女優ののんさんが声優を務めたことも話題となっています。

『この世界の片隅に』劇場アニメ公式ガイドブック
劇場アニメ『この世界の片隅に』は、どのように作られたのか。片渕須直監督、のんをはじめとしたスタッフ&キャストインタビュー。設定・原画・背景画ほか、裏側を徹底解説した公式ムック。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事