柳川堀割物語4月に82歳で亡くなった高畑勲監督をしのび、高畑監督が手掛けた唯一の実写映画『柳川堀割物語』の上映会が、高畑監督の故郷・岡山シティミュージアムで開催されました。
高畑監督と親交のあった同鑑賞会の真田明彦代表は「世界中のアニメーターに影響を与えた、素晴らしい高畑作品に改めて触れてほしい」とあいさつしました。



本作は2回上映され、計約150人が鑑賞。鑑賞会に訪れた女性は「水路がよみがえる道のりが分かりやすく描かれ、丁寧な描写はアニメにも共通していると思った」と話しました。

岡山映画鑑賞会は、来年2月24日にも、同作品の上映会を同ミュージアムで開催します。


ジブリ情報配信中



関連記事