山本二三展倉吉博物館で開催されている「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」では、出品作を収録した図録やハガキなど関連グッズが人気となっています。
博物館入り口に設けられた物販コーナーには図録や額絵、トートバッグ、Tシャツなどが並んでおり、鑑賞後の思い出に、自分用やお土産に売れています。



売れ筋は同展会場しか手に入らない図録をはじめ、もののけ姫の「シシ神の森」や「くじらぐもと散歩」などのマット付き額絵、ポストカードなどがよく売れているといいます。小中学生には、クリアファイルなどのグッズも好評とのこと。

日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展
~天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女~
会期:2018年4月14日(土)~5月20日(日)
時間:9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
会場:鳥取県・倉吉博物館
料金:一般1000円(前売券800円)、高校・大学生700円(500円)、中学生以下無料


ジブリ情報配信中



関連記事