「山本二三展」倉吉博物館倉吉博物館で開催されている「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」に24日、関金保育園の園児らが訪れ、繊細に描かれた風景などを興味深く鑑賞した。
子どもたちの情操教育につながればと、年長と年中組の36人が来館。行儀良く並ぶと、各展示室を順番に見て回りました。



園児らは人気ゲームの世界を描いた『世界樹の迷宮IV』の背景画や、不思議な冒険物語を描いた『歩き屋フリルとチョコレートきしだん』の挿絵を指さして「すごい」「きれい」など歓声を挙げました。

また、会場に設置されている「もののけ姫“シシ神の森”」の撮影コーナーに立ち寄り、みんなで記念撮影。「森が本物みたい」と笑顔を見せました。


ジブリ情報配信中



関連記事