若おかみは小学生!高坂希太郎監督が、都内で行われた最新作『若おかみは小学生!』トークイベントに出席。『茄子 スーツケースの渡り鳥』以来、11年ぶりとなる作品で監督を務めて「この作品を作っている時から、豊田智紀プロデューサーと『お客さん入らないじゃないかな』と話していた」と暴露し、会場を沸かしました。



続けて「お話をいただいた時に抵抗感があって、児童文学にあまり触れていませんでしたし、目の大きいキャラクターに接点がなかった。なんで私が『若おかみ…』という感じで引き受けた」と戸惑いがあったという。「でも実際にやってみると、惚れ込んで作れて。原作ファンなどをターゲットにし、なんとか形にしました」と明かしています。

この日は、豊田プロデューサーと斎藤雅弘プロデューサーも登壇しており、トークでは、高坂からの「付け足したいシーンがある」という申し出をプロデューサー陣が却下したというエピソードが披露されました。
観客とのQ&Aでは、観客の1人が「円盤(Blu-ray・DVD)になるときにディレクターズカットを作ったりはしないでしょうか?」と質問すると、高坂監督は「許されれば」と返答。齋藤プロデューサーは「(映画への)変わらぬ支援が続けば」と答えています。


ジブリ情報配信中



関連記事