うどんや大門東京の中野ブロードウェイ 地下1階にある「中華大門」跡地に11月20日、讃岐うどん店「うどんや大門」がオープンしました。
店主を務めるのは、2006年に公開された香川県を舞台とした映画『UDON』の製作スタッフとして携わっていた坂本太夫さん。



「香川県に滞在していた数カ月の間に香川県独自の食文化に魅せられて、映画の仕事を辞めることがあればうどん屋を開こうと考えていた」という坂本さん。

坂本さんは、以前スタジオジブリに勤めていた縁もあって、今回オープンした「うどんや大門」の、のれんの書は、スタジオジブリの鈴木敏夫プロデューサーが書いています。

さらに、店内には、宮崎駿監督や宮崎吾朗監督からの同店繁盛を願ったイラストが並んでいます。

席数は、カウンターのみ8席となっています。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事