となりのトトロ12月14日に中国で初公開となった宮崎駿監督の『となりのトトロ』が、3日間で興行収入1300万ドル(約15億円)を突破したことが、大手エンターテインメントメディアの「Variety」が報道により明らかになりました。
『となりのトトロ』は1988年に日本で初公開。30年の時を経て、中国での劇場公開となります。



ジブリ作品が中国で正式に公開されるのは今回が初めてのこと。
しかし、多くの中国人が、海賊版や違法アップロードサイトで『となりのトトロ』を子供の頃から視聴している状況が続いていました。

この度、中国人の役者を起用し、新しく中国語の吹替え版を作成。装いも新たに、告知用ポスターも作り、約6000館の劇場と12000ものスクリーンで上映しています。
今後どこまで興行収入を伸ばしていくか注目が集まっています。

『となりのトトロ』サウンドトラック
『となりのトトロ』のサウンドトラックがアナログレコードで再発売!

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事