宮崎駿 秦嵐12月14日に中国で宮崎駿監督の『となりのトトロ』の公開が予定されています。
その中国初公開に合わせて、中国アンバサダーに就任した女優の秦嵐(チン・ラン)さんが、日本を訪れて宮崎駿監督のアトリエに訪問。宮崎監督から、直筆サイン入りイラストが贈られました。



『となりのトトロ』のリマスター版は2014年にアメリカで、2015年にイギリスで一般公開されたほか、2015年10月に釜山国際映画祭ジブリ作品特別上映会にも出品。さらに今年6月にフランスで開催された『となりのトトロ』公開30周年記念イベントにも登場しています。

今回中国で公開が予定されているのは2017年完成の最新のデジタルリマスター版。中国の劇場には日本語版と中国語吹替版の2バージョンが登場することになっています。

中国公開に合わせジブリの星野康二社長も訪中し、秦嵐と共に、上海で開催されるプレミア上映に登場します。秦嵐は中国アンバサダーのほか、吹替えキャストとして、草壁姉妹の母親である草壁靖子役を担当することも決まりました。


ジブリ情報配信中



関連記事