gameshow

 幕張メッセ(千葉市美浜区)で16日開幕した「東京ゲームショウ2010」のレベルファイブブースでは、劇場版アニメ「借りぐらしのアリエッティ」などのスタジオジブリがアニメ制作に参加したRPG「二ノ国」や人気サッカーRPGのWii用最新作「イナズマイレブン ストライカーズ」などが注目を集めた。

 「二ノ国」は、スタジオジブリがアニメ作画を担当し、音楽を久石譲さんが手がけたRPG。「二ノ国」と呼ばれる異世界を冒険するという内容で、DS版「漆黒の魔導士」と、同じ世界観で異なったストーリーが描かれるPS3版「白き聖灰の女王」が開発されている。発売日はDS版が12月9日で、PS3版は11年中。

 ブースにはDS版とPS3版両方の試遊台が置かれ、DSのタッチペンを使って魔法陣を描くなど、独特のシステムが体験できた。また、同ブースでゲームを遊ぶと「二ノ国」に登場する妖精シズクなどが描かれたトートバッグがプレゼントされ、多くのファンが集まっていた。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事