[シネマトゥデイ映画ニュースの記事です]

21日、歌手の手嶌葵が現在公開中のスタジオジブリ最新作『コクリコ坂から』の公開記念コンサートを神奈川県立音楽堂にて行い、本作の主題歌を含む17曲を熱唱して約1,000人の観客を魅了したほか、東日本大震災の被災地を訪問したときのエピソードを披露し涙ぐむ場面があった。



2006年公開の映画『ゲド戦記』で主題歌・挿入歌とヒロインの声優に抜てきされ注目を集め、その後も米ドキュメンタリー映画『北極のナヌー』の日本語版主題歌「奇跡の星」や日本映画『西の魔女が死んだ』の主題歌「虹」を担当するなど活躍。そして今回の映画『コクリコ坂から』で再びスタジオジブリ作品の主題歌と声優を務め、映画と縁が深い歌手としても知られる手嶌。

記事の全文はシネマトゥデイでご覧ください。

『コクリコ坂から』手嶌葵が熱唱し1,000人を魅了!
被災地訪問時エピソードを披露し涙ぐむ場面も

http://www.cinematoday.jp/page/N0034631


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事