3月20日(木)にグランドオープンしたTOHOシネマズ日本橋で、20日から23日まで東京アニメアワードフェスティバル 2014(TAAF2014)が行われ、『キリク 男と女 3D』が映画祭のオープニング招待作品として上映された。イベントでは、来日したミッシェル・オスロ監督と、『かぐや姫の物語』の高畑勲監督による1時間のスペシャル対談が実現した。



フランスのアニメーション映画『キリク 男と女』は、オスロ監督の長編デビュー作『キリクと魔女』から続くシリーズ最新作。

(略)

対談では、オスロ監督が「最初は続編など作る物じゃないと自分でも言っていたのに、気がつけば3本作っていました」と笑顔でコメントすると、高畑監督が「『キリク』をシリーズものとして育てているのは良いが、僕は新しい作品を作った方がいいと思う」と笑顔で返すなど、仲の良い様子が伝わってきた。

二人はイベント直前にお互いに新作を見せ合ったというが、オスロ監督は『かぐや姫の物語』について、「美しい世界。私も日本で一番好きなのは平安時代ですから。あれほど美しかった時代は他にないです。植物の描写にも驚きました。アニメとして素晴らしい。ですが、ムッシュー高畑の映画では日本的という意味では『火垂るの墓』の方が上だと思います。『かぐや姫』はおとぎ話です。おとぎ話はどこの国にもあるものですから。『火垂るの墓』は日本の歴史の特定の場所を描いています」とコメントしていた。

一方、高畑監督は「僕が日本のものばかりやるようになったのは、他の文明をよく知らないからです。言語と身振りも日本しかわからないから、日本人を使わざるを得ない。フランス語は聞き取れないけど、どういう感情で喋っているのかは言葉がわからなくても伝わるもの。昔のアメリカ映画はその辺はいい加減で、外国のシーンでも英語で喋っている。オスロさんの映画はちゃんとアフリカのフランス語(セネガル)で喋っているのがわかる。その辺はしっかり描いている」と評していた。

(略)

対談は予定時刻を10分以上オーバーしていたが、最後に司会者が機転を利かせて高畑監督に「新作の予定は?」と切り出し、場内の笑いを誘っていたが、高畑監督は「今のところない」と笑って返していた。

夜のとばりの物語 ‐醒めない夢‐
大ヒットを記録した「夜のとばりの物語」の続編、光と影と圧倒的な色彩美で紡ぐ、新たな5つの夢の物語。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事