高畑勲高畑勲監督が、2018年4月5日(木)午前1時19分、帝京大学医学部附属病院にて、肺がんのため82歳で亡くなりました。
スタジオジブリからは、社長の中島清文さんと、鈴木敏夫プロデューサーのコメントが寄せられています。
通夜および葬儀は、近親者のみで執り行なわれるとのこと。



なお、高畑勲監督との「お別れ会」が5月15日に行なわれることも明かされており、会の詳細については、決まり次第発表されるそうです。

また、鈴木プロデューサーによるコメントも寄せられており、「やりたいことがいっぱいある人だったので、さぞかし無念だと思います。宮崎駿とも相談し、ジブリとして盛大なお別れの会をとり行い、見送ることにしました」と伝えています。


ジブリ情報配信中



関連記事