鈴木敏夫とジブリ展鈴木敏夫プロデューサーの言葉にスポットを当てた展覧会「鈴木敏夫とジブリ展」が、長崎県佐世保市のハウステンボス内にあるハウステンボス美術館で13日に開幕しました。
前日となる12日には、オープニングセレモニーが行なわれ、鈴木プロデューサーも出席して見どころを語っています。



鈴木さんは、高畑勲・宮崎駿両監督の思いや意図をくみ取り、作品の本質を言葉で表現し、『耳をすませば』や『もののけ姫』、『千と千尋の神隠し』、『風立ちぬ』などの作中で語られるセリフの直筆書画などが並びます。

鈴木敏夫とジブリ展

東京の神田明神でも人気となった、『千と千尋の神隠し』に登場する湯婆婆と銭婆を高さ約3メートルの巨大オブジェで再現されており、口の中に手を入れて開運と恋愛運のおみくじを引くことができます。

また、鈴木さんが考案した図柄を施した「長崎ハタ」も展示。彩りを添えています。セレモニーでは関係者がテープカットをして開幕を祝った。鈴木さんは22年前にジブリの社員旅行でハウステンボスを訪れていたエピソードを紹介し、「ご縁があっての開催。活字になる前の、力を持った手書きの重みを感じてほしい」と語りました。


ジブリ情報配信中



関連記事