雪像のトトロ例年の3倍の積雪に見舞われたという秋田市内でジブリファンの方が除雪ついでに、ジブリキャラの雪像を作られたようです。

完成度の高さに、地元ではちょっとした話題になっているようです。



雪像を作ったのは、山王中島町で理美容院を営むジブリ作品のファン・佐藤吉雄さんと友人5人。現在、新秋田県立美術館(中通1)で開催中の「スタジオジブリ・レイアウト展」に足を運んだことをきっかけに、除雪ついでに作ったかまくらをベースに制作した。

「映画の場面から実際のサイズをイメージして制作した」という雪像は、高さ2メートル・幅1.7メートルほどの「トトロ」型のかまくらのほか、高さ1.5メートル・全長4メートルほどの「猫バス」、高さ1.5メートル・幅2メートルほどの「ラピュタのロボット兵」、高さ1メートル・全長3メートルほどの「王蟲(おーむ)」の4体。トトロにビニール傘を持たせたり、目にLEDライトを埋め込んだりするなどして名場面を再現した。

制作時間は1体につき約2時間。市内のスキー場で雪像展に参加した経験もある佐藤さん。「雪を使って、このような雪遊び方もできることを伝えられれば」と話す。

雪像のネコバス
全長4メートルほどの「猫バス」の雪像。
素晴らしい完成度です。

雪像の王蟲
「王蟲」の雪像と雪像を作った佐藤吉雄さん。
後ろには、ロボット兵が見えますね。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事