シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島7月4日より、『シンドバッド 空とぶ姫と秘密の島』が公開されます。
本作は、『となりのトトロ』や『魔女の宅急便』などのスタジオジブリ作品を手がけてきた佐藤好春さんがキャラクターデザイン・作画監督を務め、シリーズ構成は『山賊の娘ローニャ』の川崎ヒロユキさんが担当しています。



「世界名作劇場」シリーズを手がけた日本アニメーションと、3DCGに定評のある白組がタッグを組み制作されました。監督は、宮下新平さんが担当。『ドラえもん のび太の恐竜2006』では演出を務め、『山賊の娘ローニャ』では宮崎吾朗監督と共同で絵コンテにも関わっています。

日本アニメーション40周年を記念して作られた本作は、これまで何度も映像化された「シンドバッド」を題材にしているものの、現代的な作品としてアニメ化されました。
予告編では、本作が3部作であることが明かされています。7月4日の公開が第1部で、第2部が12月に、第3部が2016年3月に公開となります。

世界名作劇場シリーズ 完結版DVD メモリアルボックス
世代を超えて愛される「世界名作劇場」シリーズ完結版のメモリアルBOX。「フランダースの犬」「あらいぐまラスカル」「トム・ソーヤーの冒険」「小公女セーラ」など、親から子へ伝えたい永遠の名作アニメ26作品の編集版を収録。26枚組。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事