18日、御茶ノ水のデジタルハリウッド東京本校で、映画『借りぐらしのアリエッティ』CGメイキングセミナーが行われました。
講演は同校卒業の三好紀彦氏。スタジオジブリCG班のスタッフです。

 講演では、排水溝の水面にゆらめく光のシーンや、アリエッティがロープでのぼるシーンなどの例を挙げながら、CG制作の裏側を解説。そもそもスタジオジブリがCGを使う際のスタンスとして「使用目的を明確にする」「手描きではできない表現を目指す」「作品の世界観を守る」「方式ではなく道具として使う」という4点を挙げた。これはつまり、これみよがしなCGは良しとはせずに、手描きで表現できない部分を補うために使用するということなのだと三好氏は説明する。

 そして参加者から「なぜジブリは手描きにこだわるのか」と問いかけられた職人・三好氏は、「ジブリのスタンスとして、アニメというものは手描きからスタートしたからということがあるんです」と返答。そこからなぜか、「ドキュメンタリー番組などに登場する宮崎駿監督は、なぜいつもエプロンを着けているんですか?」という質問が出て、会場内は笑いに包まれた。そんな素朴な疑問に三好氏は、「確かに絵の具を使うために絵筆をよく持っていますから、エプロンをいつもしています」と前置きをした上で、「直接聞いたわけではないんですけれど、宮崎監督なりの戦闘服なんじゃないですかね」と解説。そのいかにも職人らしい見解に、妙に納得してしまった様子の会場内だった。

シネマトゥディ
http://www.cinematoday.jp/page/N0026955


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事