『レッドタートル ある島の物語』スタジオジブリの最新作『レッドタートル ある島の物語』の完成披露会見に合わせ、予告編がYouTubeで公開されました。
主人公の男が、大きな波に飲み込まれていく場面から始まり、これまでのジブリ作品を思わせる青い空や入道雲、亀や鳥、蟹といった生き物が滑らかに動く姿が。また、謎のヒロインと手を取り浮遊する様子なども切り取られている。



同作で監督を務めたマイケル・デュドク・ドゥ・ヴィットさんは、9月1日に行なわれた完成報告会見に、アーティスティック・プロデューサーの高畑勲さん、プロデューサーを務めた鈴木敏夫さんと共に出席。ヴィット監督は「作品に誇りを持っている。スタッフが作品を形にしてくれた。おもにフランスとベルギーで作ったが、高畑さん、鈴木さんのことを考えない日はなかった。私の中で大きな存在だった」と思いを語りました。

鈴木プロデューサーは「ちょっとした出来心で、マイケルが長編を作ったらどうなるかと思い、声をかけたんです。あれから10年、こんな大ごとになりました。自分でもびっくりしてます」とコメント。高畑さんは「できあがる途中の作品を観て意見を返していく面白い経験だった。やり取りができて幸せだった」と制作時を振り返えりました。

『レッドタートル ある島の物語』は、9月17日(土)より全国ロードショー。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事