幻の「長くつ下のピッピ」「幻の『長くつ下のピッピ』」という本が8日、岩波書店より発売されます。高畑勲監督と宮崎駿監督が40年以上前にアニメ化をしようとして断念した際のスケッチ画などが収められます。
演出・高畑勲、場面設計・宮崎駿、キャラクターデザイン・小田部羊一。当時を振り返るロングインタビューとともに、実現を果たせなかった「ピッピ」のイメージボード、シナリオ案を大公開! 情熱とアイディアがつまった貴重な一冊となります。



「幻のピッピ」のために行われたインタビューで、高畑さんは原作の『長くつ下のピッピ』を「子どもたちの日常が生き生きと描かれている」と評価している。赤い髪のおさげに長い靴下がトレードマークのピッピが、隣人らを巻き込みながら様々な騒動を起こす物語だ。

スウェーデンの児童文学作家アストリッド・リンドグレーンの作品。日本では1964年以降、複数社が出版、岩波版だけで累計94万部にのぼる。

71年にアニメ化を提案された高畑さんは、アニメーターの宮崎さん、小田部羊一さんを誘い、会社を移って取り組んだ。「幻のピッピ」には、当時、宮崎さんが頭の中のイメージをかきとめたスケッチ画や小田部さんが描いたキャラクターのデザイン画など100枚以上のほか、3氏への新たなインタビューなどが収められた。当時の資料には、子ども本来の自由な姿を世に伝えたい、という思いがあふれている。

幻の「長くつ下のピッピ」
発売日:2014年10月8日
価格:2,268円
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事