押井言論押井守監督の書籍『押井言論 2012-2015』が2016年2月1日に発売されます。
この本は、押井守監督のメルマガ「世界の半分を怒らせる」に収録されていた3年分のインタビューを編集し、押井監督による加筆修正、さらに追加インタビューも録り下ろし、書籍化されたたもの。



押井守監督といえば、宮崎駿監督や鈴木敏夫プロデューサーとは旧知の仲。スタジオジブリについて辛辣な批評ができる数少ない人物。映画論とアニメ論、創作論と作品論、人生観と死生観など、完全ノータブーで語り倒します。

押井言論

今回、書籍化するにあたり、総文字数は40万字を超え、総ページ数は656ページ。押井守監督インタビュー集の決定版が、ついに発売されます。

押井言論 2012-2015
発売日:2016年2月1日(月)
価格:5,400円(税込)

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事