高畑勲高畑勲監督がフランス政府から芸術文化勲章オフィシエを授与され、東京都港区の仏大使公邸で叙勲式が行われました。
同勲章は仏文化の紹介者や普及の実務者などに授与されます。3等級あるうち、オフィシエは2番目に当たります。
仏詩人ジャック・プレベールの詩集『ことばたち』を初めて完訳するなど、フランス文化の紹介に貢献していることが評価されました。



高畑勲監督は、東大仏文科在学中に仏長編アニメ「やぶにらみの暴君」を見たのがきっかけでアニメ業界に入り、テレビアニメ『アルプスの少女ハイジ』『母をたずねて三千里』などの演出や、スタジオジブリ作品では『火垂るの墓』『おもひでぽろぽろ』などを監督し、フランスでも高く評価されています。

ティエリー・ダナ駐日大使から勲章を授与された高畑さんは「日本文化の面白さを知っていただくと共に、フランスのアニメ映画や詩歌の日本への紹介にもいささか努力した。最も親しみを感じている国から勲章を頂いて大きな喜びだ」と語りました。

ことばたち
ジャック・プレヴェールは愛の詩人だった。しかしなによりもまず自由と友愛の詩人であり、徹底した反権力の詩人だった。あらゆる抑圧や戦争や破壊に反対し、常にその犠牲になる子どもや女性、貧しい人々、動物や木々の味方でありつづけた。「枯葉」「天井桟敷の人々」の詩人・脚本家の代表作の全訳。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事