「山本二三展」倉敷市立美術館ジブリ作品の美術監督として活躍した山本二三さんの個展「日本のアニメーション美術の創造者 山本二三展」が、9月23日に倉敷市美術館で開催されます。
また、それに合わせて、山本二三さんが実演制作するデモンストレーションとトークショー&サイン会が行なわれます。



デモンストレーションは、23日午前11時から。同美術館講堂で、山本二三さんが背景画を描く様子を公開します。

トークショーは、24日午前11時から。同美術館の3階会議室で、これまでの歩みや制作の裏話、アニメーション美術への思いなどを語る予定です。同日正午からは、同展図録の購入者から先着50人を対象にサイン会が実施されます。

デモンストレーションは定員200人、トークショーは同60人となります。
希望者は、往復はがき(1通で2人まで応募可)にイベント名と住所、氏名、年齢、電話番号を書き、13日(必着)までに倉敷市立美術館へ。応募多数の場合は抽選となります。

「倉敷市」50周年記念事業 山本二三展
天空の城ラピュタ、火垂るの墓、もののけ姫、時をかける少女

会期:2017年9月23日(土)~11月26日(日)
時間:9:00~17:15(入場は16:45まで)
場所:倉敷市立美術館
休館:月曜日(ただし10月9日(月)は開館、10月10日(火)は休館)
料金:一般800円、高大生・65歳以上600円、小中生200円


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事