西遊記之大聖帰来2015年7月に中国で公開された、中国産アニメとして歴代最高の興行収入となる192億円を記録した、ティエン・シャオポン監督の3DCGアニメーション作品『西遊記之大聖帰来(原題)』の日本版監修を、スタジオジブリの宮崎吾朗監督が務めることが発表されました。



宮崎吾朗監督とティエン監督は、7月に行われた「日中韓学生アニメーションフェスティバル2016」にて対談を行ない、二人はこれをきっかけに友人関係となり、ティエン監督が本作への参加を直接依頼したといいます。

映画は、妖怪に脅かされている長安の街が舞台。孤児の少年・江流児(こうりゅうじ)と、長年の封印が解け自由の身になるも、力を失い自信喪失した孫悟空が、子どもたちを連れ去ろうとする妖怪たちに立ち向かう姿を描きます。

『西遊記之大聖帰来(原題)』の日本公開は、2017年夏を予定しています。


ジブリ情報配信中



関連記事