高畑勲高畑勲監督が、23日、三鷹市で開催中の「第5回三鷹コミュニティシネマ映画祭」でトークショーを行った。「高畑勲監督特集」として『火垂るの墓』と『かぐや姫の物語』が上映されたことについて、高畑監督は「こういう手作りの映画祭はいいですね」と笑顔でファンの声援に応えていた。



1998年に映画『となりのトトロ』との2本立で同時上映された『火垂るの墓』について「トトロとの2本立てじゃないと成立しないという話になっていたのですが、徳間書店がトトロの企画にあまり乗り気じゃなくて……。鈴木敏夫(プロデューサー)の策謀によって実現したんです」と笑顔を交えて裏話を披露。

実際に2本立て公開が決まったものの「子どもに(死をテーマにした)あんなものを見せていいのかと、かなり自問自答したんです」と胸の内を明かした高畑監督。しかし「トラウマになっても疑似体験として“死”というものを見せてもいいのではないか」という結論に至ったという。

最後に会場に訪れたファンから「高畑監督みたいなアニメ映画を作るにはどうしたらいいか?」という質問が投げかけられると「僕は自分には才能がないと思っています。特に横で宮崎駿を見ているとね。彼は天才。だから僕は違うものを作ろうって発想に至りました。大切なことは、アニメが好きであること、そして自分でやったことが少しでも前進していると自覚すること」とエールを送った。


ジブリ情報配信中



関連記事