政岡憲三『人魚姫の冠』絵コンテ集「日本アニメーションの父」と呼ばれる、政岡憲三さんの『人魚姫の冠』の絵コンテ集が発売されました。
政岡憲三さんは、1930年代に、日本のアニメーション業界でいち早くセル画を導入し、さらには本格的なトーキーアニメーションの制作に取り組み、名作『くもとちゅうりっぷ』(1943年)を作り上げました。



戦後は、後進の育成などに力を注ぎ、アニメーション制作から遠ざかったとされていたが、晩年に温めていた構想が、幻のアニメーション作品『人魚姫の冠』でした。本作は、未完成のうえに原本も所在不明。スキャンデータのみが存在しており、資料集発売に至ったそうです。

『アンデルセン童話集』の「人魚姫」から着想を得た『人魚姫の冠』。自身の手によるその絵コンテや、デッサンをフルカラーで掲載して、どのような構想から『人魚姫の冠』をアニメーション化しようとしたのかも解説します。

高畑勲監督の寄稿文「わたしにとっての政岡憲三さん」も掲載されています。

政岡憲三(まさおか けんぞう)
1898年生まれ、1988年没。1930年代から40年代にかけての漫画映画業界で活躍し、現在では「日本のアニメーションの父」と呼ばれている。戦後は日本動画社の設立にも関わり、森康二らを育てる。アニメーションを離れた後は、挿絵画家として活動する。代表作は『くもとちゅうりっぷ』(1943年)。

政岡憲三『人魚姫の冠』絵コンテ集
発売日:2017年12月31日
価格:3240円(税込)

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事