メアリと魔女の花 ジ・アート展先月まで東京・大阪で開催されていた、「メアリと魔女の花 ジ・アート展」が愛知県蒲郡市にあるラグーナテンボス・ラグナシアで、10月7日~12月3日まで開催されることが発表されました。
本展では、米林宏昌監督のストーリーボードや、キャラクター設定資料など、約3年間を要した映画制作の裏側が明らかになります。



また、男鹿和雄、武重洋二らをアドバイザーに迎えた世界最高峰の背景美術スタジオ「でほぎゃらりー」と、美術監督・久保友孝による手描きの背景画が豊富に展示されます。

さらに、インタラクティブコーナーやフォトスポット、グッズコーナーも充実。大人から子どもまで楽しめる、『メアリと魔女の花』の世界をぜひご覧ください。

メアリと魔女の花 ジ・アート展
日程:2017年10月7日(土)~12月3日(日)
時間:10:00~20:30(時間は、季節・曜日により変動します)
料金:大人400円、子供200円、シニア300円
場所:ラグーナテンボス・ラグナシア

The Art of メアリと魔女の花
初期デザイン、キャラクター設定、美術ボード、背景画などのビジュアルを多数収録。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事