メアリと魔女の花スタジオポノックの西村義明プロデューサーが、東京ビッグサイトで開催された「AnimeJapan 2017」にて、『ひるね姫』の櫻井圭記プロデューサーと対談を行ないました。西村さんは、現在製作中の米林宏昌監督作品『メアリと魔女の花』の製作状況について語りました。



スタジオポノックの第一回作品となる『メアリと魔女の花』は、7月8日に公開されることが既に決まっています。

「今どのくらいの段階なの?」と問われた西村さんは、「本当に、気が狂いそうなんですけど」とこぼし、「もしからしたら(予定内に)できない」と苦笑いを浮かべ、さらに「7月8日でしょ? 完成までにあと2カ月くらいしかないわけでしょ。30%くらいしかできてない、撮影が」と告白。櫻井さんから「それ言っちゃって大丈夫?」とフォローを入れると、「40%! 40%くらいしかできてない」と慌てて訂正を入れる一幕がありました。

西村プロデューサーは、「実は『魔女の宅急便』とは、逆をやろうとしています」と明言。「なんでかというと、『魔女の宅急便』は宮崎駿監督自身の物語だと思っているんです。少女の自立を描く体をなしながら、あの映画は才能ある女性がひょんなことからスランプに陥って、スランプから抜けだすという構造になっている。そういうものとは逆になっている」と語りました。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事