メアリと魔女の花日本では7月8日に公開された、スタジオポノック第一回長編作品、米林宏昌監督の『メアリと魔女の花』が、世界的な展開が始動することがわかりました。
今後、全世界155カ国・地域での公開が予定されています。



本作の英語字幕付の特報映像を公開したところ、映画への期待が高まり、SNSで世界中に特報映像が拡散されました。
それを皮切りに、アメリカ、イギリス、フランス、オーストラリア、中国、韓国。その他、南米、中東、アフリカ諸国など全大陸の国・地域の配給会社からのオファーが殺到したといいます。

世界公開に向けて、西村義明プロデューサーは米林監督の前作『思い出のマーニー』上映時をふり返ると、「フィンランドの映画祭に参加したときに、5歳くらいの女の子が緊張しながら米林監督にサインを求めてきました。監督が描き終えた『マーニー』の絵を見て、大喜びしていたその子の笑顔が『メアリと魔女の花』の原動力です。『メアリ』が日本だけでなく世界中の方々、3DCG作品ではなく初めて日本の手描きアニメーションに触れる子どもたちにも、愛されることを期待しています」と語りました。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事