思い出のマーニー バケモノの子来年のアカデミー賞長編アニメ部門の審査対象作品が発表されました。
スタジオジブリからは米林宏昌監督の『思い出のマーニー』、細田守作品の『バケモノの子』など、16作品の応募があったことが明かされました。



去年・一昨年と、宮崎駿監督の『風立ちぬ』、高畑勲監督の『かぐや姫の物語』と連続でジブリ作品が長編アニメ部門にノミネートされ、大きな話題となりましたが、どちらも受賞を逃しています。

今回のアカデミー賞には、アメリカでヒットした『インサイド・ヘッド』や『ミニオンズ』などもあり、ノミネートの段階で険しい戦いとなりそうです。
ジブリ作品として3年連続のノミネート、そして『千と千尋の神隠し』以来の受賞となるか注目です。
ノミネート作品は、2016年1月14日に発表されます。

第88回アカデミー賞長編アニメーション部門 審査対象作品

『思い出のマーニー』
『バケモノの子』
『Anomalisa』
『Boy And The World』
『アーロと少年』
『Home』
『Hotel Transylvania 2』
『インサイド・ヘッド』
『Kahlil Gibran’s The Prophet』
『UFO学園の秘密』
『ミニオンズ』
『劇場版 ムーミン 南の海で楽しいバカンス』
『I LOVE スヌーピーTHE PEANUTS MOVIE』
『Regular Show: The Movie』
『映画 ひつじのショーン ~バック・トゥ・ザ・ホーム~』
『スポンジ・ボブ 海のみんなが世界を救Woo!』


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事