ルパン三世4月11日に逝去した漫画家モンキー・パンチ先生を追悼して、6月にシネフィルWOWOWで『ルパン三世』シリーズが放送されます。
1971年の記念すべきテレビシリーズ第1作と、映画配給会社などに向けて製作された“パイロット・フィルム”(シネマスコープ版とスタンダード版の2種類)となります。



6月2日から毎週日曜午後9時に、TV版第1作が放送されます。作画監督は大塚康生さんが担当。ルパンのジャケットが緑色であることが特徴で、ファンの間では「旧ルパン」と呼称されています。

開始当初は、原作のテイストと近い大人向けのハードボイルドアニメを志向していましたが、視聴率がふるわず路線を変更し、中盤から高畑勲さんや、宮崎駿さんらが制作の中心となって、コミカルで愉快なルパン像を確立していきました。

6月2日の午後11時には、パイロット・フィルム(シネスコ版、縦横比1:2.35)を放送。劇場公開用長編を目指し、1969年に原作エピソードを基に製作された最初の試作品で、メインキャラクターとその関係性を紹介する、約13分間の短い物語となっています。
原作者のモンキー・パンチ先生は「僕の描いた原作の雰囲気がものすごく出ていた。これまでのアニメとはまったく違う」と絶賛しています。

そして、30日の午後11時には、パイロット・フィルム(スタンダード版、縦横比3:4)が放送。劇場版が頓挫した1971年ごろ、TVシリーズの企画提案のため作り直されたもの。内容はシネフィル版とほぼ同じで、元のフィルムの左右をトリミングせず、再撮影が行なわれました。

「ルパン三世 first- TV. BD-BOX」
ルパン三世first TVシリーズ全23話収録

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事