スタジオジブリ・レイアウト展 山口県立美術館スタジオジブリ作品のレイアウト画を集めた展示会「スタジオジブリ・レイアウト展」が、2017年4月20日から2017年6月18日にかけて山口県立美術館で開催されます。
『風の谷のナウシカ』から『思い出のマーニー』までのジブリ作品に加え、高畑・宮崎両監督がジブリ以前に手がけた『アルプスの少女ハイジ』や『未来少年コナン』など全33タイトルのレイアウトが一挙公開されます。



レイアウトとは、いわばアニメーションの場面ごとの設計図とも言えるもので、制作の工程の中でも、とても重要な役割を担っています。しかもその一枚一枚は、ただの設計図にとどまるものではありません。人物の繊細な表情、背景の細かな描写などに、アニメーションの奥深さ、豊かさが感じられる作品となっています。

スタジオジブリのアニメーションは、いったいどのように生み出されてきたのか。

レイアウトを読み解きながら、その創作の秘密に迫ります。

高畑勲・宮崎駿が語るアニメーションのレイアウト

高畑勲:
レイアウトは、一枚の画としてみると歪んで見えるかもしれない。 しかし、アニメーションでは、嘘をつかなくちゃいけないわけです。 我々は、どうやって、一枚の画、平面で、視覚の変化を、いかに実際に近いように感じさせるかというところなんです。

宮崎駿:
アニメーション映画というものは、”あやかし”。 どうやってあやかされるかが楽しみなんです、見ている方も。

スタジオジブリ・レイアウト展
高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。

日程:2017年4月20日(木)~2017年6月18日(日)
時間:9:00~17:00(入館は16:30まで)
場所:山口県立美術館


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事