「スタジオジブリ・レイアウト展」長崎展長崎県美術館で開催されている「スタジオジブリ・レイアウト展」の入場者数が2万人を突破しました。
2万人目の来場者は、兵庫県西宮市から訪れた高校生。諫早市にある母親の実家に家族で帰省中で、両親と姉の4人で来場したところ、2万人目となりました。



米田耕司館長から『となりのトトロ』の縫いぐるみなどの記念品が贈られ、「ジブリ作品は絵がきれいで、見ていてわくわくする」と話しました。

同展は、宮崎駿監督直筆のレイアウトを中心に約1400点を展示。ジブリ作品が生まれる「現場」を紹介しています。会期は、9月3日まで。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事