高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展高畑勲・宮崎駿両監督が世に送り出した名作アニメーションの秘密が分かる「スタジオジブリ・レイアウト展」が、宮崎県立美術館で開催されます。
ジブリ設立前の『アルプスの少女ハイジ』から『思い出のマーニー』まで、33作品のレイアウト画を約1400点展示しています。



6月7日には、ギャラリートークで同美術館学芸員による作品解説が行なわれ、6月10日には「米良美一ともののけ姫」と題し、午後2時から、宮崎市のイオンモール宮崎サウスモールで、米良美一さんによるトークイベントが行なわれます。『もののけ姫』の主題歌を歌ったときのエピソードなどが紹介される予定です。入場無料ですが、先着200名に優先エリアの入場券が配布されます。

また、6月17日には、同館で『千と千尋の神隠し』の上映会が行なわれます。
本展の鑑賞券があれば入場無料ですが、先着120名まで(要申込・先着順)となっています。

翌月、7月28日には、記念トークショー「ここでしか聞けない!ジブリ作品の秘密がわかる。」が同館1階アートホールにて開催。スタジオジブリのイベントプロデューサー・田中千義さんと、広報部長の西岡純一さんによる対談が行なわれます。

高畑・宮崎アニメの秘密がわかる。 スタジオジブリ・レイアウト展
日程:2018年6月16日(土)~ 9月17日(月・祝)
時間:10:00~18:00(入場は17:30まで)
場所:宮崎県立美術館
休館:月曜日(祝日を除く)、7月17日


ジブリ情報配信中



関連記事