となりのトトロ温室効果ガスの排出削減目標を定めた「京都議定書」の採択から20周年を記念して、京都国際マンガミュージアムで、地球温暖化や自然破壊などを題材にした漫画の読書コーナー「地球環境とマンガ」が設置されています。
20周年記念で、12月10日に世界の先進都市が参加する「地球環境京都会議2017」が国立京都国際会館で開催されこともあり、漫画を通して会議にも関心を寄せてもらおうと企画されました。



「地球環境の豊かさ、日本の自然の素晴らしさを描いた作品」や「環境破壊後の世界を舞台にした作品」など五つのテーマに沿って、約30作品を展示。宮崎駿監督の『となりのトトロ』や、手塚治虫さんの『ジャングル大帝』をはじめ、『寄生獣』など幅広い作品がそろい、自由に読むことができます。

京都国際マンガミュージアム
京都議定書誕生20周年記念
地球環境とマンガ

会期:2017年10月24日(火)~12月17日(日)
時間:10:00~18:00(最終入館時刻: 17:30)
休館:水曜日
料金:大人800円/中高生300円/小学生100円

となりのトトロ
宮崎駿監督の絵と、児童文学作家の中川李枝子の詩があたたかい世界を作る。

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事