スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展金沢21世紀美術館で開催していた「スタジオジブリ 鈴木敏夫 言葉の魔法展」の来場者数が8月21日の段階で、3万人に達しました。3万人の節目に訪れたのは、三重県松阪市の小学生の男の子。『千と千尋の神隠し』のキャラクター・カオナシから記念品を受取りました。



「言葉の魔法展」は7月27日に開幕し、来場者は8月11日に1万人、16日に2万人、21日に3万人を達成しています。

本展は、昨年8月に広島・筆の里工房で幕を開け、名古屋・松坂屋美術館、金沢21世紀美術館では25日まで開催し、全国巡回を続けています。


ジブリ情報配信中



関連記事