小田部羊一トークショー ~ハイジからチエ、そしてマリオへ~京都国際マンガミュージアムにて、2018年10月13日(土)に「小田部羊一トークショー ~ハイジからチエ、そしてマリオへ~」が開催されます。
小田部羊一さんは、『アルプスの少女ハイジ』や『母をたずねて三千里』、『じゃりン子チエ 劇場版』など数々の高畑作品に携わっています。



キャリアの後半は、活躍の場を任天堂に移し、マリオやポケモンなどのキャラクターを監修しました。
そんな小田部さんをゲストに招き、アニメーターとして高畑勲作品を、キャラクターデザイナーとして任天堂での取り組みなどを語るという内容となっています。

魅力的なキャラクター作りや、アニメやゲームに共通するキャラクターを動かす上での大切なことなど、クリエイティブに役立つ話が満載となります。

参加は無料(京都国際マンガミュージアム入場料は別途必要)で、事前登録制です。応募締め切りは、10月11日(木)17:00まで。申込は下記URLからできます。

小田部羊一トークショー ~ハイジからチエ、そしてマリオへ~

第1部 高畑勲氏と共に ハイジ・三千里〜じゃりン子チエ 劇場版
小田部氏がキャラクターデザイナーとしてだけではなく、作画監督、アニメーターとして高畑勲氏と共に作ってきたアニメ作品について振り返ります。

第2部 アニメからゲームへ 任天堂での21年間
アニメ業界から当時はドット画だったゲームの世界へ。任天堂での21年間。
当時のアニメ技術が未熟だったゲームの世界に転身したわけは?当時のこと、これからの業界のこと、そして京都という風土についても語っていただきます。

日程:2018年10月13日(土)
時間:13時00分~16時30分(受付開始 12時30分)
会場:京都国際マンガミュージアム 2階 ギャラリー6
料金:無料
※京都国際マンガミュージアム入場料別途必要
(大人800円、中高生300円、小学生100円)

幻の「長くつ下のピッピ」
アストリッド・リンドグレーン原作のピッピが、アニメーションになっていたら。
1971年当時の高畑勲の字コンテ、宮崎駿のイメージボード、小田部羊一のキャラクター・デザインなどを一挙収録!

≫Amazonで詳細を見る
≫楽天で詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事