「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」佐賀県立美術館佐賀県で初となるジブリの展覧会「この男がジブリを支えた。近藤喜文展」が、10月7日(金)より開催となります。
本展では、天才アニメーター近藤喜文さんの描いたキャラクター・デザインや、アニメーション原画、イメージボード、スケッチなどを多数展示します。会期は、2016年10月7日(金)から12月4日(日)までとなります。



近藤喜文さんは、ジブリ作品を数多く手がけた日本屈指のアニメーター。
『火垂るの墓』『魔女の宅急便』『もののけ姫』などのキャラクター・デザインや作画監督を務め、『耳をすませば』では監督デビューを果たして成功を収めています。

残念ながら1998年に47歳という若さで急逝しますが、高畑勲・宮崎駿から信頼も厚く、スタジオジブリを支えてきた人物のひとりです。安藤雅司さんにも大きな影響を与えてきました。

また、10月23日(日) と11月5日(土)には、『耳をすませば』の上映会が実施されます。定員は450名。展覧会チケットを持っている人なら無料で参加可能となっています。当日、上映会用整理券が配布されるので、詳細は公式サイトをご覧ください。

さらに、10月23日(日) には、佐賀大学教育学部附属中学校吹奏楽部によるジブリ映画の音楽を演奏するコンサートが13時より行なわれます。音楽で作品世界に浸ったまま、映画の世界に入り込んでみては如何でしょうか。

この男がジブリを支えた。近藤喜文展
期間:2016年10月7日(金)~12月4日(日)
時間:9:30~18:00
場所:佐賀県立美術館
休館:月曜(10月10日は開館、11日は休館)
料金:1200円(税込)※高校生以下無料

ふとふり返ると 近藤喜文画文集
高畑勲監督、宮崎駿監督の作品を支えたアニメーター・近藤喜文の心温まるスケッチ集。

≫楽天で詳細を見る
≫Amazonで詳細を見る


ジブリ情報配信中



関連記事