HUNGRY DAYS 魔女の宅急便スタジオポノックが、新しい魔女の物語を世に送り出そうとしているところなのですが、『魔女の宅急便』のその後を描いたCMが公開されました。主人公のキキが、17歳の女子高校生になって高校生活を送っていたらという、サイドストーリーのようなもの。日清カップヌードルの新CMシリーズの第一弾『HUNGRY DAYS 魔女の宅急便 篇』として、放映されています。



キャラクターデザインは『ツルモク独身寮』などを描いた窪之内英策さんが担当しており、BUMP OF CHICKENがオリジナル楽曲「記念撮影」を提供。女優・浜辺美波さんがキキ役、声優・梶裕貴さんがトンボ役で出演。監督は柳沢翔さん、原画・作画監督は高橋裕一さんが務めています。

宮崎駿版ではヨーロッパが舞台でしたが、CMは日本が舞台の学園ものテイストで描かれています。

宮崎版を意識した、二次創作的『魔女の宅急便』でしょうか……。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事