『風立ちぬ』の興行ランキングが3週連続1位となりました。すごい勢いですね。

宮崎駿監督のネームバリューと、大人向け作品による客層の広がりが大きいんでしょうか。



公開前の会見で、鈴木プロデューサーが、本作が宮崎監督の“遺言”だと発言したり(後に、完成会見で宮崎監督自身がやんわりと否定)、宮崎監督が「自分の作品で泣いたのは初めて」と告白したりと、これまでにない気合の入れようが、じわじわと伝わっていた。その結果、初週は土日2日間の成績だけで、動員74万7451人、興収9億6088万5850円という立派な数字は予想通り。公開3週目の16日間で、すでに累計動員350万人、累計興収43億円という、驚異的な数字をたたき出している。

ちなみに、興収で100億円超えとなるには、クチコミによる新規の観客以外に、リピーター数も大いに関わってくる。まず、映画レビューで目立つのが、主人公の声を当てた庵野秀明についての意見だ。肯定派、否定派がくっきりと分かれ、見終わった後、「庵野秀明の声はありかなしか?」を討論したくなる。豪華声優陣は、ヒロイン役の瀧本美織をはじめ、西島秀俊、西村雅彦、風間杜夫、竹下景子、志田未来、國村隼、大竹しのぶ、野村萬斎といった芸達者な俳優陣ばかりなので、庵野の独特のトーンは一層異彩を放っている。そこが一番のやり玉に挙げられているが、いずれにしても盛り上がっている証拠である。深読みすれば、『新世紀エヴァンゲリオン』ファンも、声優・庵野秀明の真価を問うべく、劇場へ足を運ぶのではないのだろうか。

また、『風立ちぬ』は、1回ではなく2回見て「確かめたい」と思わせる要素がたくさんある。本作で斬新なのは、人間の声などで効果音を作っている点だ。実は、宮崎監督はジブリ美術館で上映された短編アニメ「やどさがし」で同じ試みをしているが、長編映画で使うのは初となった。飛行機のプロペラ音から蒸気機関車の蒸気やエンジン音、関東大震災の地響きの音まで、こだわり抜いて録音されている。実際、1度見ただけでは、物語に集中していて、細部の音にまで気が行き届かないので、今度は耳をそばだてて聞いてみたくなる。音以外でも、関東大震災で人が逃げ惑うシーンなど、群衆の画では細部の人間ひとりひとりが丁寧に描かれていて、それらももう一度、じっくりと見てみたくなる。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事