『風立ちぬ』ヒロインに瀧本美織さん

庵野秀明監督に続いて、『風立ちぬ』のキャストが追加発表されました。
ヒロインの里見菜穂子役は、瀧本美織さん。そのほかに、西島秀俊さん、西村雅彦さん、竹下景子さん、大竹しのぶさん、野村萬斎さん、志田未来さんなどが発表されています。



「風立ちぬ」の原作は、模型雑誌「モデルグラフィックス」誌上で、宮崎駿が連載していた漫画。1920年台の日本を舞台に、航空技術者・堀越二郎の半生を描いている。瀧本は、薄幸のヒロイン・菜穂子を演じる。公式サイト上のコメントで、瀧本は、「みんなが慣れ親しんでいるジブリ作品に関われて光栄ですし、頑張りたいと思いました」と意気込みを語るとともに、「皆が生き生きと“今を生きている”作品」と、本作の感想を寄せた。また、「菜穂子が幸せをかみしめる2人の愛の時間は必見です」と見どころを語っている。

瀧本の起用には、新作「かぐや姫の物語」を製作中の高畑勲監督の推薦があったという。鈴木氏は、「宮崎はこの世には存在しないような人の声を求めているところがある。ただ、先輩である高畑さんの意見はたいがい受け入れちゃうんですよ。『瀧本さんがいいと思う、演技が素晴らしい』と言われたのでオーディションに来てもらいましたけれど、その時点で決まっていたんです」と説明する。

ビックリした面持ちの瀧本は、「初耳です! とにかく自然体のなかで収録していただけたので、すごくやりやすかったです」とニッコリ。鈴木氏の「何で芝居が上手なの?」という質問には、「うまくなんかないです。お芝居、よくわかりません」とはにかんだ。それでも、鈴木氏から「宮さんはただのおじいちゃんだったでしょう?」と話を振られると、「はい、すごく元気なおじいちゃまでした!」と答え、場内の爆笑を誘っていた。

主人公・堀越二郎の声を担当する庵野秀明監督とのコンビネーションも抜群だったようで、ふたりのキスシーンもあるという。瀧本は、「隣に庵野さんがいらして、宮崎先生もいらっしゃる。どっちのおっしゃることを聞いたらいいんだろう? と思うこともありました」とアフレコを振り返っていた。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事



1 Comment

  1. はじめまして。
    好き勝手書くご無礼、お許しください。

    宮崎作品における人物の造形の描写、とくに少女ヒロインというものには
    かくあるべきというか、あるいは平均化というか、万人が見てアクを感じさせない、
    クセのない造形美の描写が特色だと思うんです。

    悪口になってしまいますが、残念ながら今回ヒロインに選ばれた瀧本美織さんのビジュアルに、
    宮崎作品が描く造形の美意識の要素、それを感じとることができません。
    単にこれは「きれい」とか「かわいい」とかそういう話ではありません。
    どちらかというと一般的ではないというか、彼女の顔はちょっと個性の強い造形に思えるのです。

    具体的にはその顔の輪郭のエッジが強く、パーツの配置、特に耳の位置は
    一般のそれよりかなり後上、なんですよね。
    要は個性の強いお顔立ち、なんですよね。

    過去のジブリ作品に顔の輪郭が強調されるような、あるいはそれぞれのパーツを際立たせて描かれる少女ヒロイン、すぐには思い当たりません
    当然それは、今回のヒロイン・菜穂子にも当てはまります。

    もっとも瀧本さんの出演は、あくまでも「声」だけですから、
    劇場で見ている側が「画面」と「声」を一致させれば済む話なのかもしれませんが、
    瀧本さんのビジュアルを思い出すと、どうにも現実世界に引き戻されてしまう感覚が付きまといます。
    乱暴に言わせて貰えば、おおよそジブリの少女ヒロインには描かれることはない「造形」なんですよね。

    今回、彼女に対するプロデューサーの鈴木さんの強い思い入れが伝わってきますが、
    それを理解することは正直言って困難です。

    せめて、今回のヒロインとオーバーラップするであろう故・矢野綾子さんと瀧本さんが極めて似ているとか、
    それに類するようなエピソードでもあれば、自分の腑に落とせるかもしれませんが、
    そういうことでもないようですし。

    声が良かったということであるなら、ああもビジュアルを前面に出すようなことはしなくても良かったのでは?
    今回はいつよりも増して鈴木さんの存在感が大きすぎるような気がします。
    お立場を考えれば無理もないのでしょうけど、どうにもね・・・

コメントを残す

ジブリ好き?

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

 

© 2017 非公式スタジオジブリ ファンサイト【ジブリのせかい】 宮崎駿・高畑勲の最新情報

Up ↑