『風立ちぬ』が公開から54日間で、観客動員数800万人、興行収入100億円を突破しました。
興行収入の100億円突破は、邦画では『崖の上のポニョ』以来5年ぶり。邦洋合わせると、『トイストーリー3』以来、3年ぶりの記録となります。



現在、公開8週目に入っても全国各地で若者から大人まで幅広い層を取り込み、リピーターも続出するなど、順調な興行が続いている。また、9月6日に行われた宮崎駿監督の引退会見により、監督最後の映画作品となった本作を観ようと、9月7日、8日の週末2日間の興収が前週比134.5%と異例の伸びを見せ、週末興行成績では7月20日の公開から8週連続1位を記録している。ちなみに、8週連続首位は邦画としては同じくジブリ作品の『ハウルの動く城』(04)が記録した9週連続記録に次ぐ成績。

夏休みが終わった平日でありながらも、いまなお好調な動きを見せており、この勢いで推移すれば9月中での動員1000万人突破も射程圏内に入ってきた。10月以降の興行成績次第では、『崖の上のポニョ』に迫るメガヒットも期待できる。


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事