『風立ちぬ』の興行ランキングが7週連続1位となりました。
土日の2日間で動員30万4623人、興収3億3882万8750円を記録し、累計動員714万人、累計興収88億円を突破です。

第70回ベネチア国際映画祭コンペティション部門に出品され、同会場で宮崎監督が本作をもって引退すると発表されたことを受け、今後もさらなる成績の伸びが期待される。



また、『マン・オブ・スティール』が2位、『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』が3位、『貞子3D2』が6位にそれぞれ初登場。これまで描かれなかったスーパーマン誕生の物語を、ザック・スナイダー監督が新たに映画化した『マン・オブ・スティール』は、動員21万2322人、興収2億6832万6100円となった。

深夜アニメとして放送されて大きな反響を呼び、舞台のモデルとなった埼玉県秩父市にファンが押し寄せる“聖地巡礼”現況を巻き起こした『劇場版 あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』は動員16万1225人、興収1億9817万7700円で好調なスタート。6位の『貞子3D2』は動員11万3835人、興収1億6063万8850円となった。


ジブリ情報配信中


Instagram

関連記事