『風立ちぬ』のアメリカ版の吹き替えで、堀越二郎の声をジョセフ・ゴードン=レヴィットが務めることが明かされました。
宮崎監督の映画『もののけ姫』や『千と千尋の神隠し』のファンでもあるというジョセフ。この決定に際して「演じることが大好きなのは、誰かほかの人になれるから。アニメーションでは映像が与えられ、声のみで演じるから、本当に誰かになることができる」と意気込みを語っている。



さらにジョセフはFacebookで、アフレコ中の自身の画像と共に「『風立ちぬ』は今まで僕が観た映画の中で最も美しい映画の一つだ。誇張なんかじゃない」とコメント。また日本では映画『ヱヴァンゲリヲン』シリーズの庵野秀明監督が同役の声を務めたことに対して、ジョセフは自身のツイッターで「そう、彼は完璧で素晴らしかった!」とも評している。

本作では、映画『ヴィクトリア女王 世紀の愛』のエミリー・ブラントがヒロイン・里見菜穂子の声を、エミリーの夫ジョン・クラシンスキーが二郎の同僚・本庄の声を吹き替える。そのほか、映画『ハンガー・ゲーム』シリーズのスタンリー・トゥッチや、『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズのイライジャ・ウッドなどの声の出演も決定している。『風立ちぬ』の全米公開は来年2月21日に予定されている。

ジョセフ・ゴードン=レヴィット『風立ちぬ』米吹き替えで堀越二郎に!


ジブリ情報配信中


Instagram



関連記事